居酒屋は、豊富な種類の酒類や食事を楽しめる飲食店です。
海外留学をした経験がありますが、その際にいわゆるバーやパブのような場所に行きました。


そこで飲み食いをしましたが、日本の居酒屋の食事と酒の種類は他国に比べてとても豊富です。

また、酒、料理ともにクオリティが高いです。

留学中は日本の居酒屋がとても恋しくなりました。

居酒屋の素晴らしい点は、これらおいしい食事と、豊富な種類から生まれるコミュニケーションです。海外のパブやバー、日本で言う所の居酒屋に近いこれらの店舗でも、コミュニケーションは生まれます。


そして、多くの人はコミュニケーションの一環としてお酒を飲みにやってきます。しかし、日本の居酒屋は他国に比べてよりコミュニケーションしやすい環境です。
特にコミュニケーションをとりやすくしているポイントは、豊富な食事と種類豊富な酒類です。

居酒屋についての情報を簡単に探すことができます。

これらのおかげで居酒屋には多くの人があつまりやすくなっています。


多少お酒が苦手な人でも、そこには多くの選択肢が残されています。例えばノンアルコール飲料や、ソフトドリンク、店員に頼めばアルコールの分量を減らしてもらえるなど、ある程度融通がききます。

送迎会情報サイトを使用する機会が増えています。

私が行った海外のお店ではどちらも種類が少なく、お酒が苦手な人はなかなか集まりにくい環境でした。



そして食事の種類もとても少ないので、やはりお酒が苦手な人達は普通のレストランなどに行っていました。

その点日本の居酒屋は沢山の食事も楽しむ事ができます。

多少お酒が苦手な人達でも、レストラン同様、もしくはそれ以上の種類の食事を取る事ができます。
けっしておつまみばかりというわけではありません。

一品でお腹が満たされ、満足できるようなものも沢山あります。このことから日本の居酒屋はコミュニケーションに適した場所だといえます。
お酒が飲める人も、飲めない人も充分に楽しむ事ができ、充実した時間を過ごす事ができるのはとても素晴らしいことです。



Copyright (C) 居酒屋でのコミュニケーションについて All Rights Reserved.